Warning: Use of undefined constant ‘thumb240’ - assumed '‘thumb240’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/peco1214/child-mother.com/public_html/wp-content/themes/elephant2/functions.php on line 74
1歳児で歯磨き・うがいしないで寝るとどうなるのか危険性を徹底検証! - 子供の歯磨きやお肌ケアならMother and Child子供の歯磨きやお肌ケアならMother and Child

   

1歳児で歯磨き・うがいしないで寝るとどうなるのか危険性を徹底検証!

 

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/peco1214/child-mother.com/public_html/wp-content/themes/elephant2/single.php on line 56

この記事を書いている人 - WRITER -

本格的に離乳食から大人食へと移行する1歳児。

大人と同じモノを食べれるようになるとママさんも食事の準備がぐんと楽になりますよね。

楽になったと同時、今までよりももっと虫歯の危険性も高まり歯磨きさせなきゃと思い始める時期でもあります。

 

毎食後に歯磨きをし、仕上げ歯磨きをして寝かせる

 

大人にとっては習慣となっている歯磨きですが、1歳児ではまだまだ生活リズムも整わず食事をしながら寝てしまう事もあるでしょう。

歯磨きやうがいを忘れて寝てしまったらどうなるんだろう?

悩めるママさん

 

こんな風にお悩みのママさんもたくさんいると思います。

そこで今回は、”1歳のお子さまが歯磨きやうがいをしないで寝てしまったらどうなるのか”について検証していきたいと思います!

 

この記事は↓

・1歳児での歯磨きやうがいについての情報を知りたい人
・歯磨きやうがいなしで寝ることでの危険性を知りたい人

こんなことが知りたいママさんにおすすめです☆

マム

1歳児で歯磨き・うがいなしで寝ると虫歯になる確率は高くなります!

1歳を過ぎると行動範囲も広がりよく遊ぶようになったり家族でお出かけをしたり、お昼寝をしない日もあったり。

そんなこんなで夕飯時には眠くなってしまってごはんを食べながら寝てしまうなんてことも多くなっていきます。

 

「歯磨きしないで寝てしまったらどうすればいいの!?」

「歯磨きを1日しないどどうなってしまうの?」

 

寝てしまった子供の顔を見ながら頭をよぎるのは歯磨きができなかったことへの不安ですよね。

結論から言いますと、1日くらい歯磨きを忘れたからといって虫歯になるわけではありませんが、だからといっていいわけでもありません。

歯磨きやうがいをせずに寝ることが続くと虫歯になる可能性は高くなります。

 

虫歯になる原因は虫歯菌です!

虫歯になる原因は虫歯菌によるものです。

人間の口腔内には何百種類もの細菌が存在しているのですが、中でも「ミュータンス菌」「ラクトバチルス菌」虫歯になる菌の代表です。

  • 虫歯になる原因となる菌→ミュータンス菌
  • 虫歯を進行させる菌→ラクトバチルス菌

ミュータンス菌は垢を住処にしているので食べカスをエサに繁殖します。

きれいな歯であればミュータンス菌は存在していても唾液や飲み物で洗い流すことができます。

 

しかし、歯垢がついている歯では住処となり虫歯へと進行していくのです。

ですから、虫歯にならないためには常にきれいな歯にしておくことが大切です。

 

一方、ラクトバチルス菌は乳酸菌の一種で歯の表面にすみつくことはありませんが、虫歯にすみつくことができます。

虫歯になった歯にラクトバチルス菌が付着することでさらに虫歯を進行させていきます。

 

結果、きれいな歯の場合は飲み物や唾液でミュータンス菌は洗い流すことができるので1日歯磨きをしなくてもすぐに虫歯になることはありません

しかし磨き残しがあったりきれいな歯ではない場合、歯を磨かず寝てしまうのは虫歯になる可能性は大きくなるというわけ。

 

毎日、しっかりと歯磨きをし口腔内をきれいに保っていれば問題はありませんがやはり気になりますよね。

寝ている子供を起こして無理やり歯磨きをさせることは歯磨きキライになってしまうのでおすすめできませんが、声をかけて起きそうであればうがいや歯磨きをした方がいいと言えるでしょう。

 

ではきれいな歯にしておくにはどうすればいいのでしょうか?

やはりそれは毎日の歯磨きの仕方がポイントとなります。

ただ、歯磨きをしているのではなくしっかりと磨き残しがないようにすることが必要。

歯磨きをしていても虫歯になるという子供は歯磨きの仕方に問題があるのです。

 

歯だけではなく、歯間や歯周ポケットまでしっかりと磨くことが大切ですがそれは難しいですよね。

特に1歳ではうがいを上手にできないお子さまもたくさんいると思うので歯磨き粉を使っていない子供もいますよね。

 

そこでおすすめしたいのがうがいなしでも大丈夫なウィステリア製薬のBRIAN(ブリアン)です。

 

ウィステリア製薬の「Brian(ブリアン)」とは?

虫歯予防として効果があるものとして虫歯予防タブレットもありますが、タブレットの対象年齢は2歳くらいからのものが多く1歳では使えません。

▼2歳以上のおこさまにおすすめのタブレットはこちらをチェック

 

タブレットがまだ使えない1歳児の虫歯予防としておすすめしたいのがBRIAN(ブリアン)です。

ブリアンは粉状の歯磨き粉なのでうがいの必要はありません。

ですから、うがいが苦手なお子さまにもおすすめの歯磨き粉です。

 

ブリアンは虫歯になりづらい子供の研究から発見された「BLIS M18」という善玉菌が配合されています。

この菌は、虫歯菌のエサにもなる歯垢も取り除いてくれるという優れもの!

他の成分も全て食べられる成分でできているので飲み込んでしまっても大丈夫というわけです(*”▽”)!

 

500㎛以下の非常に細かい粒子なので歯ブラシでは行き届きにくい部分までしっかりと浸透し虫歯予防をしてくれます。

ですから、仕上げ歯磨きに自信がないママさんや歯磨きキライなお子さまにも最適。

 

このブリアンは普段の歯磨きでも大活躍するのですが、寝てしまった時にも案外使える優れものなんです。

まず、飲み込んでもいいということでうがいをさせなくてもいいので寝ぼけていても、歯磨きをしながら寝てしまっても安心です。

 

また寝落ちしてしまった場合でもママの指にガーゼを巻き付けて優しく歯を磨いてあげるだけでも十分効果はあるので歯磨きさせれなかったという事もなくなります。

 

お口をギューッと閉じて開けれない場合は無理やりやらなくても大丈夫。

普段からしっかりときれいな歯にしておけば1日くらい磨かなくても虫歯にはなりません。

 

そのためにも毎日の歯磨きで磨き残しがない状態にするためにBRIAN(ブリアン)をおすすめしたいと思います!

▼ブリアンについてはこちらの記事で詳しくお話していますのでチェックしてみてくださいね♪

公式BRIAN(ブリアン)を今すぐチェックしてみる!

 

1歳児で歯磨き・うがいなしで寝させないようにするために食後の歯磨きを習慣づけましょう

歯磨きに関するお悩みを見ていると、

  • 歯磨きをしないとどうなる?
  • 歯磨きしないで寝た場合の対処法は?
  • 歯磨きしないで寝ないようにする方法は?

など、寝てしまった場合や歯磨きができなかった場合のお悩みが多かったですね。

 

わが家の場合は、お昼寝をしなかった日や夕飯が少し遅くなってしまった日などは夕食のあとにすぐに歯磨きをさせていました。

また、食事中にもしかしたら寝るかもしれないと察知した時は食べるのをやめさせてとりあえず歯磨きをさせていました。

 

そういう時は、歯磨きをしている途中に寝ているのですがね…(笑)

そんな日は歯磨き粉をつけたりせずブラシですこし磨く程度にしていました。

何もやらないよりはやったほうが少しはマシかも…という精神です(笑)

 

それでも私が食事の片づけをしている間に寝てしまう事もあります。

声をかけても爆睡している時は、ガーゼを濡らし手にまき歯を優しく磨くことをしていました。

この時、先ほどご紹介しましたBRIAN(ブリアン)を使うとより効果的に虫歯予防をすることができます。

ブリアンは歯磨きキライなお子さまが歯磨き大好きになったという口コミも多い商品なので、歯磨きキライで困っているママさんにもおすすめです!

▼こちらの記事では歯磨きイヤイヤ期のおすすめアイテムなどを紹介しています。

 

1歳児はまだまだよだれなどが多いので、唾液できれいに洗い流している部分もありますからそれほど神経質にならなくてもいいと思います。

ですが、気になる人は就寝前にするのではなくできるだけ食後すぐに歯磨きをする習慣をつけておいたり、甘いお菓子や歯にくっついてしまうキャラメルなどのおやつはなるべく与えないようにするなど普段から習慣つけておくのがおすすめ。

 

それでも食事中に寝てしまった場合は、ガーゼで拭いてあげる

それも無理ならば朝起きたらしっかりと磨いてあげるなどをすれば大丈夫だと思います。

しかし、これは1日だけのこと。

寝る前の歯磨きはとても大切ですから、歯磨きやうがいをしないで寝るということが頻繁にあると虫歯になる可能性がありますから注意するようにしてくださいね。

1歳児の歯磨きについてはこちらの記事もおすすめです。
子供1歳児の歯磨きの時間や回数は何回がおすすめ?歯磨きしないで寝ると10年後が大変なことに!
子供1歳~3歳の歯磨きの最適なやり方と回数は?歯磨きを嫌がる理由を今すぐ排除しよう!
虫歯菌は箸やスプーンで子供へうつる?歯磨きで減らす事は可能?うつさない予防方法!
子供(一歳児)朝に口臭がひどいのは風邪や胃が悪いのが原因?ヨーグルトには驚きの効果があるのか徹底検証!

 

「1歳児で歯磨き・うがいしないで寝るとどうなるのか危険性を徹底検証!」まとめ

まとめ
  • 1日歯磨きやうがいをしないで寝てしまってもきれいな歯であれば問題はありません!
  • 就寝中に虫歯菌は増殖するので、夕食後の歯磨きやうがいは習慣づけましょう!
  • うがいや歯磨きが苦手なおこさまには粉状はみがきブリアンがおすすめです!

お子さまが食事中に寝てしまったり、歯磨きをする前に寝てしまったりすることってありますよね。

歯も生え始め食事も大人食になる1歳児は虫歯の心配も大きくなります。

 

「歯磨きとうがいをしないで寝ちゃった…虫歯になったらどうしよう…」

こんな声が多く聞かれました。

結論からいうと1日歯磨きやうがいをしないで寝てしまってもきれいな歯であれば問題はありません!

 

しかし、それがいいことでもありません。

就寝中に虫歯菌は増殖するので、夕食後の歯磨きはとても大切。

虫歯菌の代表菌でもあるミュータンス菌は歯垢を住処にし増殖していきます。

しかしきれいな歯の場合は飲み物や唾液で洗い流すことができる菌でもあるのできれいな歯であることが前提であれば1日歯磨きやうがいをしなくても問題はないといわけです。

 

きれいな歯を維持するためには毎日の歯磨きが大切。

歯磨きが嫌いな子が多く仕上げ歯磨きがしっかりできていないママさんにおすすめはBRIAN(ブリアン)です。

 

ブリアンは粉状の歯磨きで、全て食べられる成分でできているので飲み込んでも問題はありません。

500㎛以下の非常に細かい粒子で仕上げ歯磨きができていない部分まで浸透し虫歯予防をしてくれます。

このブリアンを使って常にきれいな歯にしておくことで、1日うがいや歯磨きを忘れてしまっても安心。

 

しかし、虫歯予防の一番は歯磨きです。

忘れて寝てしまわないように、夕飯の歯磨きは食事後すぐにする習慣をつけておくのがおすすめ。

それでも寝てしまう場合もあります。

その場合は、ブリアンをガーゼにつけ歯を拭いてあげるだけでも効果大!

粉状歯磨きだからこそできる磨き方ですね。

公式BRIAN(ブリアン)を今すぐチェックしてみる!

▼ブリアンについてはこちらの記事で詳しくお話していますのでチェックしてみてくださいね♪

 

1才からは歯もそろい始め大人と同じ食事やおやつを食べ始める時期でもあります。

しっかりと毎日の歯磨きを習慣づけるようにしましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 子供の歯磨きやお肌ケアならMother and Child , 2019 All Rights Reserved.