Warning: Use of undefined constant ‘thumb240’ - assumed '‘thumb240’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/peco1214/child-mother.com/public_html/wp-content/themes/elephant2/functions.php on line 74
ベビーマッサージは赤ちゃんに効果なし?背中や足にすると夜泣きに効果あり?論文での見解を調査! - 子供の歯磨きやお肌ケアならMother and Child子供の歯磨きやお肌ケアならMother and Child

      2018/11/05

ベビーマッサージは赤ちゃんに効果なし?背中や足にすると夜泣きに効果あり?論文での見解を調査!

 

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/peco1214/child-mother.com/public_html/wp-content/themes/elephant2/single.php on line 56

この記事を書いている人 - WRITER -

親子の絆を深めたり、赤ちゃんの成長に効果があるといわれている「ベビーマッサージ」ですが、最近では、ベビーマッサージ教室なども開催されており、ますます注目されています(*”▽”)!

  • 実際にどんな効果があるのか?
  • ベビーマッサージの方法は?
  • 親子共にメリットがあるって本当?
  • いつから始めればいいの?

いいとわかっていても実際にどのようなメリットがあるのかあまり知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで、みなさんの疑問やお悩みを解決すべく「ベビーマッサージ」について詳しくお話していきたいと思います!

 

ベビーマッサージをこれから始めてみたいママさん!

ベビーマッサージの効果が知りたいママさん!必見です☆

ベビーマッサージは夜泣き、寝ぐずりなどに効果あり!生後2か月ごろから始めるのがおすすめです☆

ベビーマッサージとは、その名前のとおり赤ちゃんに行うマッサージです。

マッサージと言えば、コリをほぐしたり、体の歪みを改善したりというマッサージと思う方もいるとは思いますが、ベビーマッサージは赤ちゃんの体に優しく触れて行うマッサージの事です。

 

ですから、赤ちゃんは痛みを感じることはありません。

赤ちゃんに心地よい刺激を与えることで心身共に良い影響を与えるのがベビーマッサージの特徴です。

背中や足を中心に赤ちゃんの全身に心地よい刺激を与えることにより、血行がよくなり筋肉の緊張がほぐれます。

それにより心身ともにリラックスし心地よい眠りに導き、眠りが深くなることで、夜泣きや寝ぐずりが減少するというわけです。

ベビーマッサージはいつ頃から始めるのがいいのですか?

なな

ベビーマッサージをいつからすればいいかと聞かれることもあるのですが、「この期間から!」といった決まりはありません。

 

個人的におすすめの時期は「生後2か月ごろ」です☆

理由としては以下の2つのポイントです。

  • ママも体力的も精神的にも安定してくる時期
  • 赤ちゃんの体もしっかりとしてくる時期

 

生後1か月から2か月ごろは、ママも赤ちゃんがいる生活に慣れていませんし、体力も回復していないことが多いです。

小さな赤ちゃんをマッサージしている時、力加減は大丈夫なのか?など不安になることもあるかと思います。

ですから、ママの体も心も落ち着き、赤ちゃんの身体もしっかりとしてくる2か月ごろからがおすすめ!

 

しかし、ママによっては生まれてすぐから始める方もいますしベビーマッサージ教室などでもそれぞれ開始月齢が違っています。

ですからあまり月齢にこだわらずにママがやってみたい時に始め時かもしれませんね(*’ω’*)

 

ベビーマッサージが赤ちゃんにもたらす3つの効果

①睡眠力が高まることで夜泣き・寝ぐずりが減少します!

ベビーマッサージには、循環器系の発達を促す効果もあります。

タッチケアすることで血行がよくなり筋肉がほぐれリラックスすることで睡眠力が高まります。

 

大人でもマッサージを受けていると気持ちよくなり眠ってしまう事がありますよね。

赤ちゃんも優しく心地よい刺激を受けることで心も体もリラックスし深い眠りにつくことができます。

 

質の良い睡眠ができるという事は、夜泣きの軽減にもなり、寝ぐずりもなくなるという効果に繋がります☆

 

②五感に働きかけることで心・身体・脳の発達にも効果があります!

優しく心地よい刺激を五感に働きかけることで、睡眠力を高めるだけではなく「心・身体・脳」の発達にも効果を与えてくれます。

 

例えば、内臓機能が高まることで便秘や下痢の解消にもつながり、ミルク(母乳)の飲みもよくなります。

 

また全身に刺激することで神経系統にも影響を与え脳の発達も促してくれます。

そのことから、運動機能が高まったり、情緒面でも成長すると言われています☆

 

③成長ホルモンの分泌で免疫力が高まり健康な体に!

リラックスすることで成長ホルモンを促すことができます。

成長ホルモンが分泌されることで病気への抵抗力が身に付きます。

 

さらに血液やリンパの流れがよくなることで、新陳代謝が高まり免疫力や治癒力がアップします。

また、ベビーマッサージを続けることで皮膚も丈夫になるといわれています。

マッサージオイルに保湿効果のあるものを選ぶと乾燥しがちな赤ちゃんのお肌もモチモチしっとりに。

おむつかぶれなどの皮膚のトラブルも激減します☆

 

ベビーマッサージにおける「愛情ホルモン」の分泌はママにもいい影響を及ぼすという論文結果がでています!

最近では、ベビーマッサージについて様々な研究がされています。

研究内容はそれぞれ違いますが、個人的に気になったのは

「ベビーマッサージは母子ともに本当に効果があるのか?」という点です。

 

そこでいろいろな文献を調べてみたところベビーマッサージ時にはあるホルモンが分泌されるという事がわかりました。

それは「オキシトシン」というホルモンで、ベビーマッサージの肌と肌とのふれあいによりこのオキシトシンが分泌することがわかりました。

 

このオキシトシンは別名「愛情ホルモン」とも呼ばれ愛情形成に重要なホルモンであるとされています。

ですからベビーマッサージをすることで親子のスキンシップにもなりママ(パパ)との愛情や絆が深まるのです。

それにより、ママの精神状態も安定し育児ストレスや産後鬱なども軽減されるという結果がでています。

 

ベビーマッサージで肌に心地よく触れることで、触れた側にも触れられた側にもオキシトシンが分泌され双方にいい影響を与えということが研究結果より立証されています。

 

育児は体力だけではなく、精神的にも大変なことです。

特に一人目のお子様を育てるという事はママにとっては、初めての事ばかり。

不安や心配がストレスにもなり、赤ちゃんを可愛いと思えなくなってしまう事もあるんです。

 

しかし毎日赤ちゃんの体に触れることで愛情が深まりお子様の小さな変化にも気づくようになります。

自分が触れることで赤ちゃんがリラックスをしているのを見ると安心感を与え愛されていると実感しますよね。

それを感じることでママ自身も赤ちゃんに対する愛情が深まっていくのです。

 

ベビーマッサージは育児に対しても自信が持てるようになり産後の心の安定を促してくれるママにとっても良い効果があるものだと言えますね。

 

「ベビーマッサージは本当に効果があるの?」と気になる声が多いようです!

ベビーマッサージについて調べていると

  • 本当に効果があるの?
  • 沐浴の後でも大丈夫?
  • 熱がある場合はどうすればいい?

このような意見が多かったですね。

 

確かに、いいとわかっていても本当に効果があるのか気になるところですよね。

ベビーマッサージについての効果は上でもお話したように赤ちゃんにとってもママにとってもたくさんメリットがあるとわかっていただけたと思います。

 

特に睡眠時間が長くなったという声が多く、「こんなに寝ていてもいいのかな?」との声が上がるほどでした(*’ω’*)!

しかし赤ちゃんひとりひとり個性がありますから、全ての赤ちゃんに全ての効果が現れることは稀だとは思いますが、

  • 寝つきがよくなった!
  • 便秘が改善された!
  • よく笑うようになった!
  • 肌が強くなった気がする!

こんな風に、何かひとつママにとって効果があると感じるものがあれば続ける価値はあると思います。

他にも、「沐浴の後にしてもいいの?」との声も多く聞かれましたが、お風呂あがりにオイルでマッサージすることで保湿効果も高まりますのでいいと思います。

しかし、沐浴の後に授乳する場合が多いと思います。

授乳の後にマッサージをするのはおすすめできませんので、沐浴後にしたいという方は授乳前にするようにしてくださいね!

 

お子様の体調が悪い時も個人的にはおすすめできません。

体調が悪い場合はマッサージをお休みをして、たくさん抱っこしてあげてくださいね!

 

ベビーマッサージが効果がでるおすすめのやり方は赤ちゃんの目を見てお話をしたり、お歌を歌いながら行ってあげると◎

ベビーマッサージのやり方

  1. 右足を両手でつかむようにし、左手、右手の順に太ももから足先に向けて撫でてあげます。2~3回繰り返したら左足も同様に行いましょう
  2. 足の側面を両手で挟み、左右に2~3回振り足首をほぐします。片方の足も同様に
  3. 下から片方のおしりを軽く持ち上げ内側から外側に円を描くように2~3回マッサージをしますもう片方も同様に
  4. 太ももを持ち、手を太ももの裏に返した後足首までゆっくりと滑らせます
  5. 足首を持って両足を持ち上げてゆっくりと下ろします。首が座ったら軽く揺するのも〇
  6. 手のひらをお腹の上におき、2~3回大きくゆっくりと時計周りに円を描くようにマッサージ
  7. 脇腹からおへそに向かって左手・右手と2~3回撫でさすりお腹にたまったガスを抜きます
  8. 手首を持って両手を伸ばしたり曲げたりを2~3回繰り返します
  9. 首の下から肩まで2~3回さすり首のリンパを流してあげましょう
  10. 肩から手の先までをひとつの流れで優しくなでてあげ最後に手を離しましょう
  11. うつぶせにし、首の付け根からお尻に向かって両手のひらで背中全体を2~3回撫でさすりましょう
  12. 腰から背中、手先までを優しく撫でさすりリンパの流れをよくします
  13. 手首から肩、おしり、足首へと体全体をなでおろして終了です

動画では同じ流れでマッサージをしていますので参考にしてみてくださいね!

マム

赤ちゃんに「愛しているよ」が伝わるように優しく心を込めて行いましょう

ベビーマッサージは、ママ(パパ)が赤ちゃんとスキンシップを取る方法のひとつです。

お話したり、お歌を歌ったりして赤ちゃんに語り掛けるようにマッサージするのがおすすめのやり方です☆

 

「愛しているよ」と心を込めて行ってあげると赤ちゃんにも必ず伝わります。

ママも笑顔でいると赤ちゃんもきっと笑顔で返してくれます。

気持ちを込めて優しく行ってあげることでより効果が発揮します。

ゆったりとした音楽や好きな音楽を流して行うのもおすすめ!

赤ちゃんもママ(パパ)もさらにリラックスすることができますね(*’ω’*)!

 

まだ首が座っていない場合で、うつぶせにするのは不安という時は手や足だけでもOK

ママに触れられるだけで赤ちゃんはリラックスします。

優しく撫でるようにマッサージしてあげてくださいね!

 

マッサージをする前にお部屋の温度にも気を付けて!

ベビーマッサージは、赤ちゃんを裸にし行いますので暖かいお部屋でしてあげることが大切!

大人が薄着でちょうどいい温度を目安にしましょう。

また隙間風などにも注意!

特に冬場に行う場合は、部屋の温度には気を付けてあげてくださいね☆

 

授乳後2~3時間あけて行いましょう!

ベビーマッサージは、授乳後2~3時間後がおすすめです。

空腹すぎると赤ちゃんも機嫌が悪くなってしまう場合もありますし

逆に授乳後すぐにするとミルクや母乳を吐いてしまう場合もあります。

できるだけ時間をあけてマッサージをしてくださいね。

 

また、マッサージ後には水分補給が大切です!

そのまま寝てしまった場合は仕方ありませんが、できるだけマッサージ後には水分補給(ミルクなど)をしてあげてくださいね!

 

こんな時はベビーマッサージはお休みしましょう!

  • 予防接種をした日
  • 熱がある場合
  • 水疱瘡などの感染症にかかっている場合
  • 湿疹など皮膚トラブルがある場合
  • 鼻水や咳、ミルクの飲みが悪いなどいつもと体調に変化がある場合
  • 機嫌がよくない時

このような場合は、ベビーマッサージをお休みしましょう。

赤ちゃんだけではなく、ママも体調が悪い場合は無理をせずにお休みしてくださいね!

 

ベビーマッサージは赤ちゃんに効果があるのか?無いのか?についてのまとめ

内容まとめ
  • ベビーマッサージをすることで睡眠の質があがり夜泣きや寝ぐずりなどを軽減させます!
  • ベビーマッサージをしている赤ちゃんは、心身共に健康に育ち親子の絆も深まります!
  • 赤ちゃんだけではなく、ママの心もリラックスさせる効果があると論文でも結果が出ています!
  • ベビーマッサージをする時は、優しい刺激を与え心を込めて行う事が大切!
  • ベビーマッサージは、話しかけたり歌を歌ったりしながら行うと効果が上がります!
  • ママも赤ちゃんも体調が悪い時はマッサージをお休みしましょう!

 

ベビーマッサージは、赤ちゃんに行う全身マッサージです。

全身を優しくマッサージすることで、心身ともにリラックスし睡眠の質が上がったり免疫力・治癒力・運動力が向上します。

ベビーマッサージの効果
  • ママ(パパ)の手で赤ちゃんに触れることで、赤ちゃんのちょっとした体の変化にも気づくようになった!
  • 睡眠が浅く睡眠時間が短かったけれどベビーマッサージをすると嘘のように寝てくれるようになった!
  • マッサージしながら話かけていたら、子供も笑顔で返してくれるようになった!
  • 便秘で悩んでいたけれど、ベビーマッサージを始めてから毎日排便してくれるようになった!
  • マッサージが始まると気持ちよさそうにしてくれるのでとっても嬉しい!
  • 保湿効果のあるマッサージオイルを使っているからか、肌が乾燥しなくなりおむつかぶれも改善された!
  • ベビーマッサージを始めて子供がよく寝てくれるようになったから、私もゆっくり眠れるようになって体も楽になった!

ベビーマッサージの効果は、赤ちゃんそれぞれです。

効果があるといわれていることが必ずしも全てあてはまらないかもしれません。

しかし、始める前よりも何か違う変化が現れたら続ける価値はあると思います。

 

始める時期は、生後まもなくからOKですが、おすすめは赤ちゃんの身体もしっかりしママの身体も回復した生後2か月ごろがおすすめです☆

優しい音楽を流したり、赤ちゃんに話しかけながら行うとより赤ちゃんもリラックスし効果が倍増します。

しかし、予防接種をした後や、赤ちゃんやママの体調がすぐれない時は無理をせずにお休みしましょう(*’ω’*)!

また、赤ちゃんに裸でマッサージをするので部屋の温度などにも気を付けてくださいね!

 

最近では、ベビーマッサージの効果などについて様々な研究がされています。

中でも、ベビーマッサージ時に分泌されるオキシトシンというホルモンが分泌さえることで親子の絆が深まるといわれています。

オキシトシンは、別名「愛情ホルモン」とも呼ばれ愛情形成に重要なもの!

このホルモンが分泌されることにより、ママの精神状態も安定し育児ストレスや産後鬱なども軽減されるという結果がでています。

 

赤ちゃんにとってもママにとっても効果があるベビーマッサージですが、日ごろ育児になかなか参加できないパパにもおすすめ

1日のうちの10分ほどの時間を赤ちゃんとのスキンシップの時間にしてみてくださいね!

 

わが家の子供たちはもうベビーではありませんが、「どこかが痛い」と言われその場所に手をあててあげるとリラックスした表情になってくれます。

ベビーマッサージは、タッチセラピーではないかと個人的には感じています。

 

子供にとってママの手はいくつになっても魔法の手です。

愛情がたっぷり込められたママの手はきっとお子様にとって効果があると私は思います。

ベビーマッサージをまだしたことがないママさん。

一度試してみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 子供の歯磨きやお肌ケアならMother and Child , 2018 All Rights Reserved.